XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS
XCHANGE APARTMENTS

XCHANGE APARTMENTS

これは、清水寺と京都の五山を一望できる場所に位置したマンションの1住戸をゲストハウス用にリノヴェーションしたプロジェクトである。

日本の典型的なマンションの住戸を、日本国内のみならず海外からのゲストにも楽しんでもらえるデザインを目指した。

洗面所の床はFRP防水を採用。
浴室やベランダなど防水性・撥水性を必要とする箇所に、一般的な防水方法の一つとしてFRP防水がある。
このFRP防水は『漆塗り』の工法に似ていることから、建築素材による漆塗り工法として採用できないかと考えた。
結果、空間に協調した軽やかなテクスチャーでありながら、優れた強度と防水性のあるデザインが実現した。

居室の床は一般的なモルタル床を採用。
モルタルには収縮によるひび割れが起こる特性がある。
現在の材料開発において、ひび割れが起こりにくいものが流通しているが、こういった高性能素材は時に一般的な工法による成果物を「良くないもの」として認識させてしまう傾向もある。
そのため、一般的なモルタルの特性でもあるひび割れをポジティブに捉える方法を、今回の施工で提案する試みである。
日本には食器など陶磁器の修復に「金継」という日本独自の方法がある。これは「漆」を接着剤として割れた茶碗などを継ぎ、継ぎ目に金粉を蒔いて飾るものである。「割れる」というネガティヴな要素を逆手に取り、修復された姿を「景色」として「美しいもの」に転意させ、割れる前とは異なる趣を楽しむのである。
今回はこの「漆」を「エポキシ樹脂」に置き換え『モルタル床の金継』を実現させた。

浴室とトイレの扉は鏡面加工された金属を使用し、開けると脱衣所になる仕様である。扉を開閉するたびに変化して写り込む景色が入れ子になり、風景の錯覚も楽しめる。

これらの要素で構成された空間は一見とてもシンプルながらも、イレギュラーさに富み、見るたび新しい発見を促してくれるものになった。

The apartment is located nearby Kiyomizu-Temple, and has excellent views of the five sacred mountains of Kyoto.
Our plan was to transform a typical (drab) Japanese condominium into a guesthouse where artists and creators can pursue their creative activities and enjoy living as well.
We also tried to integrate traditional Japanese techniques normally not used in construction into the design.

[Highlights]
In traditional Japanese lacquerware “Urushi-Nuri”, the technique calls for lacquer resin impregnated jute fabric reinforcement of the wooden base, forming a rigid composite structure beneath the polished upper coat.
This composite technique is alike to FRP (Fiber Reinforced Plastic) layering, so we chose FRP using translucent resin for the washroom floor to mimic this method. The translucent resin is polished to reveal the underlying glass-fiber layers over the wooden base, resulting in a translucent, yet complex visual texture while achieving material strength and waterproofing needed for the location.

The Japanese have traditionally repaired broken ceramics by gluing fragments together with Japanese lacquer and gilding the seams with gold powder to enjoy the beauty of imperfection as “Kintsugi”, literally meaning “to join with gold”. In construction, traditional plastered mortar cracks when it sets. This cracking is usually deemed as inferior work, and current improved mortar seldom cracks. We noticed that this cracking resembles broken ceramics. Using traditional mortar, we emulated the art of “Kintsugi” in the living room by joining the cracks with gold coloured epoxy-resin, thus transforming what was considered imperfect into a subject of beauty.

The mirrored bathroom doors double as a changing room when opened. The highly polished metal surfaces reflect the room interior and surrounding scenery producing a kaleidoscopic effect.

At a glance, each element may be simple, but as a whole serves a intuitive and creative atmosphere for the creative resident.

Architect_TANK(Naritake Fukumoto)
Construction_LOÖWE,TANK
Photo_Kenta Hasegawa
Place_Kyoto, Japan
2016.07