SUS
SUS
SUS
SUS
SUS

SUS

板橋区にある一軒家のリノベーション。
2階建ての一軒家に男女含め8名が暮すシェアハウス。
間取りの変更はほとんど行わず、みんなが集うキッチンエリアを改装することに重点を置きました。
要望としては、1階のトイレ、浴室前室にある程度広さを確保すること、
もともと廊下にあったキッチンを移設すること、入居者の情報交換の場となるようなメッセージボードを設けること。
キッチンの移設先は、庭に面した和室とし、押入れの中にキッチンを作ることを提案しました。
押入れの中段をキッチン天板として使い、既存のフォルムはそののまま残したうえで、
新しく手を加えた部分は、古さとは間逆を意識し、ステンレス鏡面で内部を囲った。
レンジフードも枕棚を貫通させて落とし込んだ。
そのため、レンジフードがステンレスの内部に反射しまるで、浮遊しているような錯覚を起こす。
そのほかにも居間と寝室をつなぐ壁面上部にステンレス鏡面の箱を貫通させ本棚として使ってもらうという計画です。
本来収納として使われるべき押入れをキッチンへと用途を変更させたことで生まれる、一見異様な感覚は、
この家の現代の使われ方には受け入れやすい形態だと思う。
ステンレスの無機質でハードな印象と既存の経年変化を感じさせる質感が相反しながらも、共存し、クロスオーバーした空間となっている。

2012.7.31 村松 碧

設計/TANK
施工/TANK
工事概要/シェアハウス
写真/TANK
場所/東京都板橋区
2012年7月

This project is renovation for share house.
This wooden house have 2 stories and yard.
The 1th floor have a room for men and common space such as a kitchen ,dining ,living ,and bath room .
The second floor have two rooms for ladies.We designed and constructed especially first floor in this time.
There is a closet which is called “oshiire” in Japanese old wooden house put “futon” in this space or seasonal clothes.
We changed this “oshiire” to kitchen space.
However we didn’t touch existing dimensions and wood atmosphere have changed over the years.
We try to keep “oshiire” as well as possible .
And on the other hand new things were emphasized use mirror varnished sus.
About kitchen wall (oshiire wall) was covered mirror varnished sus.
As an effect it seems like the range hood floating in the air an lighting tool was lined over and over.
This mirror varnished sus brings effects that this small dining space change large space .

2012.7.31 Midori Muramatsu

Project name:SUS
Architect:TANK
Construction:TANK
Date:Study/April 2012,Construction 2012 May
Location:Tokyo, Japan
Photo:TANK