M.U.G. MINOTAUR URBAN GEAR

「快適な現代生活のために」をもっとうに、アパレルブランドのMINOTAURがプロダクトラインを提案した、M.U.G (MINOTAUR URBAN GEAR) 旗艦店の内装計画。

吉田カバンポーター (PORTER)とのバッグアイテム、リーガル (REGAL)とのシューズアイテム、ムーンスター (MOONSTAR)とのスニーカーなど、様々な日本ブランドとの共同製作アイテムを中心に展開されるお店として、「日本」を感じられる空間が求められた。

テナントは、中目黒駅から徒歩圏内の目黒川付近にある新築三階建てのビル一階の路面店。
RC造のスケルトンからの工事計画である。

今回の計画は、クライアントとの打ち合わせを重ね、日本を感じられる店の空間の象徴として「和菓子屋」があるのではないかというところから始まっている。
店舗に入るところから接客をするのではなく、ガラスのカウンター越しに店主が待ち、客が自由に店内の商品を見て回ることができる。また、ガラスのショーケースの中には一点一点商品が陳列されており、客の要望に応え、店主が一点ずつ取り出し商品の説明することにより、自然な会話が生まれてゆく。

このような背景から、今回はエントランスに約三メートルのガラスのショーケースを配置し、奥にディスプレイ用の壁面棚を三段設置した。

内装は、機能的でありシンプルなプロダクトを主張させるため、床は既存コンクリートを残し壁面は躯体に白塗装を施している。天井は、スケルトン天井でなく、約40㎝下げることにより配管や空調などを隠すとともに、日本の和室空間にあるような、高さを抑えた落ち着きのある空間を目指した。またその中でも、壁面と天井との間に70㎜のスリットを残すことにより、完全に閉じた重たい印象の天井ではなく、RC空間に浮く軽い印象の天井と見せるよう配慮をしている。

メインとなるガラスのショーケースは、中の商品に合わせた木箱を用意することにより、様々な商品の陳列が入れ替えられるよう、高さを85㎝ほど設けている。また、ガラス同士の接着により戸枠を作り木板の扉を落とし込んでいる。

今回は、一般的なRC造のスケルトンからの改修であり、どこの立地でも成立する白いギャラリーのような空間ではなく、日本ブランドとの共同商品とともに、それらを引き立てつつも存在感のある日本らしさを感じてもらえるような空間を目指した。

 

M.U.G. MINOTAUR URBAN GEAR

This interior design project is for the flagship store of apparel brand M.U.G (MINOTAUR URBANGEAR). M.U.G is the product line of MINOTAUR, keeping in motto, “for the comfortable modern life”. The design demanded for a “Taste of Japan” as M.U.G specializes in collaboration with other Japanese brands with rich tradition such as bags from PORTER, and footwear from REGAL and MOONSTAR.

The storefront is an eye-level venue located in a three-storied building facing the bustling avenue near the Meguro river with excellent access from Meguro Station. The project begun from designing upon the available RC structure.

The ultimate design goal was wrought out from extensive communication with the client; to borrow from the symbolic aesthetics of a traditional Japanese confectionery store.

When we enter a traditional Japanese confectionery store, we usually don’t expect persuasive service from the master. The master keenly waits for the customer from within the glass counter.

It allows us to look around the space with freedom. Each neatly showcased confection would be gingerly produced by the master upon request, with a neat description following. This communication is a flowing act. With this in mind, we installed a confectionary store design inspired 3m wide glass showcase/counter by the entrance and an wooden triple shelf display at the end of the shop.

In the interior design, we chose to use the original concrete floor as it is, and the walls were directly painted white to highlight the simple and functional products to be showcased. On the other hand, the plumbing, conduits, air conditioner and other skeletal structure on the ceiling was hidden within a 40cm draft, aiming for an atmosphere alike to the calm traditional Japanese room. Especially, a 70mm wide berth between the wall and the ceiling panels make this low and seemingly heavy ceiling feel light, as if the ceiling were floating in the RC space.

The 85cm height of the main showcase by the entrance was dictated by the need to exchange the items on accordingly sized wooden plinths within. At the rear, wooden panels as side-opening doors, slide within grooves in the upper glass pane and wooden base.

We kept in intention not to make a nondescript bleached white space that would go as a gallery in any location, but as a space where the space itself is assertive in a Japanese atmosphere while showcasing the merchandise.

Architects_TANK (Yuki Shibata) + SUNA (Shun Suzuki)
Construction_ TANK (Shibata, Hamasaki)
Photo_Kenta Hasegawa
Construction Period_17 October – 12 November, 2016
Area_48.72㎡
Location_ Aobadai, Meguro-ku, Tokyo

 

 

MINOTAUR

「その人自身のアイデンティーのために」

MINOTAURは、現代に、そして一歩先に求められる快適な日常着。伝統的且つ普遍的な技法や要素を継承しつつ、現代に求められる新機能や着心地の良さを追求したシンプルなデザインであらゆるシーンに溶け込むさりげなさを持ち合わせたアパレルライン。時に最新テクノロジーを駆使し、縫製やディティールなど細部に至るまでこだわった、遊び心のあるハイクオリティーでありながら気負わずに身につける事が可能なスタイルを提案している。

[Make yourself known]

Inspired by careful reexamination of the timeless elements of traditional clothing. MINOTAUR provides enhanced qualities of toughness, comfort and functionality. This line of apparel restructures every aspect of clothing from stitching to the finest details to produces a revolutionary new level of quality.

 

M.U.G.  MINOTAUR URBAN GEAR

MINOTAURの提案による、「快適な現代生活のために」をもっとうとするプロダクトライン。アウトドア、ミリタリー、ワーク、スポーツなど、様々な環境下で必要不可欠な道具があるように、日常で欠かせないデザインと機能を融合した定番となるアイテムを取り揃える。

[Comfort designed to endure]

The MINOTAUR product line-essential for urban life.
Any environment-from outdoor or military to work and sports-creates the need for certain indispensable equipment.
With this in mind, we combine elegant design with a functionality geared toward the demands of daily life. In doing so, we create items imbued with the lasting quality to become classics. The fusion of excellent design with ease of use is the basis for a lifestyle that is comfortable for both body and mind.