840
840
840
840
840
840
840
840
840

840

川辺に建つ築30年程度のマンション。
どの家もバルコニーが広く、静かなゆったりとした時間が流れていた。

今回のリノベーション工事では、基本的には既存プランをほぼ変えずに、大きなリビングと明るい水周り、寝室と子ども部屋を希望していた。
そのため、既存プランの和室を壊し、リビングを広げ、既存主寝室の収納とキッチンの収納をひとつのヴォリュームに、水周りの動線をひとつにまとめた。

解体が始まると、非常にきれいな躯体と木軸が現れた。
解体によって、マンションの根本的な魅力が見えた。

主寝室とキッチンの後ろの収納スペースが一つのヴォリュームに見えるように、砂壁調のブルーに塗装した。
大きな引き戸によって、ドアとして仕切られていた場所が、“隣”を感じさせるような場所になった。

作りこむというよりは、既存のプランの中にある、壁―収納―建具などの関係を、 シンプルにまとめていくような作業によって、
廊下~寝室、廊下~リビングへの動線がゆったりとし、 区切られていたものがゆるくつながっていくような部屋になったと思う。

2011.4.30 野口 藍

Planning & Construction:TANK
Photo/TANK
Place/Saitama-pre.
2011.4